遠方とのコミュニケーション


web会議で面談

 

近年、web会議という言葉を頻繁に耳にするようになりました。

そもそも、web会議とは、ソフトウェアや資料などを共有する機能や映像、

音声などの機能が備わった新世代のコミュニケーションの方法であり、

遠方にいてもわざわざ1つの拠点に集まる必要もなく、

空いた時間にいつでも連絡を取り合うことができるので、

忙しいビジネスマンにとって利便性が高く、時間や交通費のムダを省くことができます。

首都圏を中心に、web会議のシステムを導入する企業が増えており、

営業所や支店間での会議やミーティング、クライアントとの打ち合わせ、

遠方での面談等さまざまな用途があります。

web会議は、テレビ会議とよく比較されることがありますが、

よく似ているようでさまざまな違いがあります。

テレビ会議は、会議の出席形態が異なり、専用の端末が設置されており、

遠方にいても映像が映し出されます。

web会議は、会議に出席する人がそれぞれパソコンを持って参加します。

 

 

web会議のニーズ高まる

 

今や、web会議は企業の必須アイテムと言っても良いでしょう。

Web会議のシステムを導入している企業は、

首都圏では少しずつ増えているようですが、中堅都市ではまだまだ普及するに至っていないようです。

しかし、長年の不景気により、会社の経費節減対策のためにも、

web会議を導入している企業も増えていて、今後はさらに普及してニーズが高まる見込みです。

Web会議のシステムを導入している企業では、時間を有効的に活用できるようになり、

なおかつ交通費や食費の節約になり、

遠方に離れていても十分にコミュニケーションができるという点で、そのメリットが高く評価されています。

昔から「時は金なり」と言われていますが、web会議で情報交換・情報収集をスムーズに行い、

しっかりとしたコミュニケーションがとれるようになり、ビジネスを円滑に進められるようになりました。

これからは、web会議が主流となり、さらにニーズが高まりそうです。